• 花嫁
  • プレゼント
  • 花嫁と花婿
  • 両親
両親

両親にこれまでの感謝を示すために、結婚式でプレゼントを贈ると言うのは非常に一般的なことです。
結婚式で両親に贈るプレゼントには決まったスタイルがなく、自分で好きなモノを選ぶことが出来る他、親の性格などを把握した上で、個人の好みにあったものを選ぶ人が多いという傾向にあります。
そのため金額に関してはプレゼントの内容によって大きく変化するため、内容と予算とを鑑みながら決める必要があります。
基本的に結婚式で両親に渡すプレゼントの相場としては1万円から4万円程度ですが、プレゼントの種類によって変化するので人によって大きく変わります。
結婚式自体が親にとっての子供の門出を祝いするということもあり“サンクスドール”と呼ばれる植物を渡し、子供の代わりに育ててほしいと渡す物もあります。
サンクスドールも通常であれば2万円から3万円程度ですが、オリジナルの鉢を作成したり、植物を変更するなどすると4万円程度になります。
両親自身にプレゼントの内容を選んで欲しいと考えて、ギフトカタログを結婚式での両親への贈答品とすることもありますが、5万円から10万円程度が相場となっています。
結婚式での両親に贈るプレゼントの相場を大きく変えているものの、カタログギフトという性質を考えると妥当な金額です。
結婚式における両親へのプレゼントはこのように内容によって金額が全く異なるほか、相場に関しても変化が大きいことが最大の特徴と言えます。

プレゼント

結婚式では新郎新婦の両親にプレゼントを贈るイベントを行う場合があります。
結婚式内ではなかったとしても、結婚を記念するようなものを両親にプレゼントするというのは非常に一般的なスタイルです。
結婚式で両親に贈られるプレゼントとしては“両家の結びつき”を感じさせるものであったり“これまでの感謝”を形にするものが多く見られます。
結婚式で選べるプレゼントの中には“自分たちで作ったもの”を贈答品とすることが出来る場合もあります。
自分たちで作った食器や花瓶などにメッセージを書き込むことによって“オリジナリティ”を表すことが出来る他、自分の気持を具体化することも出来ます。
既成品であれば“時計”も人気が高く、これまでの時の流れと、これからの時の流れを表す縁起物として扱われることが多いのです。
写真立てや自分たちでデコレーションしたフォトフレームなども人気があります。
両親と自分たちとの似顔絵作成や、ポエムを添えるといったプレゼントも定番ではありますが、以前から結婚式では定番のプレゼントとされています。
最近とくに結婚式で両親への贈り物として選ばれるのが“カタログギフト”です。
カタログギフトはカタログの中から貰いたい贈り物を受け取った人間が選べるシステムのことです。
結婚式では小さなものをプレゼントして、後日改めて両親にカタログギフトを送るというのも根強く支持される贈り物です。
両親に今までできなかった体験をしてもらいたいというような子供の気遣いが見られる商品です。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930